E-A-Tとは、

  • Expertise(the amount of expertise)
  • Authoritativeness
  • Trustworthiness

の頭文字を連ねた造語で、GoogleのGeneral Guidelines(検索品質評価ガイドライン)に登場します。
参考:General Guidelines

これらはそれぞれ日本語では、専門知識(専門知識の量)、権威、信頼性を意味していて、近年のGoogleが非常に重要視している概念です。 General Guidelines には、次のように書かれています。( General Guidelines のGoogle翻訳より)

高度なE-A-T医学的アドバイスは、適切な医学的専門知識または認定を受けた人々または組織が作成または作成する必要があります。

高いE-A-Tのニュース記事は、ジャーナリストのプロ意識で作成する必要があります。それらには、ユーザーがイベントをよりよく理解できるように提示される、事実上正確なコンテンツが含まれている必要があります。

科学的トピックに関する高度なE-A-T情報ページは、適切な科学的専門知識を持つ人々または組織によって作成されるべきであり、そのようなコンセンサスが存在する問題に関する定評ある科学的コンセンサスを表します。

要するに、医学的な記事や、科学的なトピック、あるいは一般的なニュース記事であっても、それぞれ高度な専門的教育を受けた人や、そうした人々の所属する組織によって書かれるべきだということです。もっと具体的に言うと、例えば医学的な記事は、医者のように専門教育を受け、専門知識が豊富で、権威があり信頼できる人が書くべきだということです。
そうでなければ、そのコンテンツは信頼できないとGoogleは判断します。つまり、検索結果での上位表示は望めないということです。

言うまでもなくネット上には、実際には医学的な根拠もないのに、さも本当らしく見せかけた健康や病気に関するコンテンツがあふれています。あるいは、科学的な根拠もなく、事実ですらないのに、もっともらしいフェイクニュースも枚挙に暇(いとま)がありません。こうした現状を、Googleは憂えているわけです。

例えば病気を患った人が、切実な思いでネット検索した際、その検索結果の上位に医学的根拠のない誤ったコンテンツが表示され、それを読んで真に受けてしまったらどうでしょうか?
その人は間違った情報を信じ込んだまま、間違った行動を取る可能性すらあります。例えば、効果の無い健康食品を購入して、病院からの薬を服用しなくなったりすれば、かえって病気からの回復を遅らせ、健康を損ねてしまうかもしれません。
もしもそんなことが起こってしまったら、言わば、Googleの検索結果がその人の命を危険にさらしたということになりかねません。

もちろんGoogleはそうした事態を避けたいわけですから、根拠のない間違ったコンテンツを検索結果から排除し、専門的で、権威ある人や組織によって書かれた、信頼性の高いコンテンツを上位表示させようとしているのです。

ただしGoogleは、 General Guidelines の中で次のようにも書いています。 ( General Guidelines のGoogle翻訳より・一部筆者が加筆訂正)

一部のトピックでは、正式な専門知識はあまり必要ありません。多くの人が、製品やレストランの非常に詳しく役立つレビューを書いています。また多くの人々が、フォーラムやブログなどで役に立つヒントや人生経験を提供しています。これらの普通の人々は、自分の人生経験を通して、ある分野の専門家と見なされるのです。

特定の病気(例えば、肝臓がん)を持つ人々のためのフォーラムやサポートページがあります。個人的な経験を共有することは、専門知識提供の1つのスタイルと言えます。
この例を考えてみましょう。ここで、フォーラムの参加者は、愛する人がどれだけ長く肝臓がんにかかって、つらい思いをしたかを伝えています。これは、医学的アドバイスではありませんが、個人的で有益な経験を提供する例と言えます。

このようにGoogleは、例えば病気や健康に関するコンテンツであっても、医者や医療機関によって書かれてなければ、すべてを短絡的に排除しようとするわけでもありません。また専門家ではない普通の人が書いたブログやレビューであっても、有益で役に立つコンテンツはきちんと評価する姿勢を示しています。

つまり場合によっては、たとえE-A-Tに合致していなくても、それが真実や事実に根ざした、有益で役に立つコンテンツであれば、Googleに評価されるというわけです。